会社沿革

昭和13年10月 初代社長栗田勝盛がスペッシャル電機製作所を創立。小型モーターの製造を開始。
昭和18年 4月 栗田電機製作所に改称。低速度モーター、高周波モーターの製造開始。
昭和22年 4月 株式会社栗田電機製作所を設立。資本金19万5千円。
昭和23年 9月 資本金100万円に増資。
昭和24年 1月 大型放送機器用送風機を開発。NHK殿への納入に成功した。
昭和25年 1月 朝鮮動乱を契機に、ファン製品の需要が増え、換気扇、電動送風機の生産に方向転換を行った。
昭和28年 9月 資本金400万円に増資。換気扇の専門メーカーとして設備を強化し、各種ファンの開発に成功。
昭和33年10月 創業20周年記念行事を行う。
昭和36年 8月 資本金2,000万円に増資。
昭和36年11月 埼玉県北本市に工場敷地10,340㎡取得。
昭和37年 7月 埼玉工場建設第1期工事終了。稼動開始。
昭和37年10月 資本金4,000万円に増資。
昭和38年 8月 資本金5,400万円に増資。
昭和40年 4月 埼玉工場第2期増設工事完成。標準製品、屋上扇の製造開始。
昭和40年 9月 資本金7,400万円に増資。
昭和43年10月 創立30周年記念行事を行う。
昭和45年 3月 埼玉工場第3期増設工事完成。
昭和45年12月 大阪営業所開設。
昭和50年 8月 栗田勝盛が会長に、栗田弘之が社長に就任。
昭和50年 9月 資本金1億円に増資。
昭和53年 3月 東京工場設備を埼玉工場へ移転。
昭和53年10月 創立40周年記念行事を行う。
昭和58年 1月 埼玉工場第4期設備合理化計画に着手。NC化をはかる。
昭和58年10月 創立45周年にあたり、長期5ヶ年計画を設定。
昭和59年10月 ニュークリタ運動を発足し、TQC小集団自主活動を開始。
昭和60年 4月 改善事例発表会を導入。
昭和62年 7月 分社化により製品別管理の充実をはかり意識改革を実施。
昭和63年 7月 埼玉工場第5期設備合理化計画に着手、塗装他各種工程のインライン化をはかる。
昭和63年10月 創立50周年にあたり、3ヶ年計画を設定。
平成元年 4月 全社情報のオンライン・リアルタイム処理化をはかる。
平成元年 5月 送風機用CNCターレットパンチプレスを導入。
平成元年10月 N・P・S模範工場を見学。N・P・S生産方式を取り入れる。
平成 2年 6月 CNCマシニングセンターを導入。
平成 4年12月 系列4社の合併により、生産管理を一元化し、合理化をはかる。
平成 5年11月 栗田英治が社長に就任。
平成 6年 8月 栗田英治が会長に、川村稔が社長に就任。
平成 6年 8月 東京赤羽本社を日本橋に移転。
平成 8年12月
全事業所間をPCネットワークによるオンライン管理システムにて接続
業務のリアルタイム処理が可能となる。
平成13年 8月 本社を創業の地である赤羽に移転。
浅川英雄が社長に、栗田佳明が副社長に就任。
平成16年 7月
東京都中央区銀座に東京支店を設置。
菅田博文が代表取締役社長に就任。
平成16年 9月
東京支店を統合し、本社機能を
東京都文京区後楽2-3-27に移転。
平成17年 8月 早瀬一彦取締役が代表取締役社長に就任。
平成17年 9月 本社機能を埼玉県北本市荒井2丁目101番地に移転。
平成18年10月 大阪支店を大阪府吹田市岸部中5丁目1番1号に移転。
平成19年 1月 ISO14001:2004を認証取得。
平成19年 4月 福岡支店を福岡市博多区山王1丁目6番3号に置く。
平成19年 8月 NPS準会員加盟認可。
平成20年 4月 株式会社栗田電機製作所をテラルクリタ株式会社に改称。
平成21年 3月 ISO9001:2008を取得。
平成21年 4月 愛知県名古屋市に東京支店名古屋出張所を設置。
平成23年 6月 浅野耕一常務取締役が代表取締役社長に就任。
平成23年10月 東京、名古屋、大阪、福岡各営業部門がテラル営業部門と統合。
平成25年 6月 菅田貴之が代表取締役社長に就任。

平成27年4月

栗田佳明が代表取締役社長に就任。
平成29年6月 渡部由夫が代表取締役社長に就任。
平成30年4月 福島英俊が代表取締役社長に就任